お知らせ内容をここに入力してください。

列幅を設定するマクロ

目次

ColumnWidthプロパティで列幅を設定するマクロ

ColumnWidthプロパティを使って、列幅を自由に設定することができます。
Columnsの引数に列番号や列名を指定します。

Columns("C").ColumnWidth = 20
 ’列Cの列幅を20にします。
Columns(3).ColumnWidth = 20
 ’列3の列幅を20にします。

■ コード内を「Wクリック」でコピーできます。

Sub サンプル2210()
      
    Columns("C").ColumnWidth = 20
    
    'Columns(3).ColumnWidth = 20
      
End Sub

Rangeプロパティで列幅を設定するマクロ

Rangeプロパティで列幅を設定するには、EntireColumn.ColumnWidthを使います。

Range("A1").EntireColumn.ColumnWidth = 20
 ’列Aの列幅を20にします。

  ■ コード内を「Wクリック」でコピーできます。

Sub サンプル2215()
      
    Range("A1").EntireColumn.ColumnWidth = 20
    
End Sub

Columnsプロパティで範囲を指定して列幅を設定するマクロ

Columns("B:D").ColumnWidth = 20
 ’列B~列Dの幅を設定

  ■ コード内を「Wクリック」でコピーできます。

Sub サンプル2220()
      
    Columns("B:D").ColumnWidth = 20
  
End Sub

Rangeプロパティで範囲を指定して列幅を設定するマクロ

Range("B:D").ColumnWidth = 20
 ’列B~列Dの幅を設定
Range("B1,D1").ColumnWidth = 20
 ’列Bと列Dの幅を設定(カンマで区切ります)

  ■ コード内を「Wクリック」でコピーできます。

Sub サンプル2225()

    Range("B:D").ColumnWidth = 20
    
    'Range("B1,D1").ColumnWidth = 20
  
End Sub
シート全体の列幅については次の記事が参考になります。
■関連記事■ シート全体の列幅を最適化するマクロ

以上で「列幅を設定するマクロ」の説明を終わります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる